運動神経 向上

運動神経向上方法とは

スポンサーリンク

運動神経とは、身体や内蔵の動きを司令するために信号を伝える、神経の総称のことを言います。
運動神経がいい人というのは、足が早かったり、マラソンが早かったりと、身体的な能力が高かったり、球技をやってみても、何でもこなしてしまう人というのがいます。このサイトではその運動神経に関することについていろいろ見ていきたいと思います。
運動神経が発達する年齢や、原因、向上させていく方法などを解説していきますので、ぜひ見てみてください。
さてここでは運動音痴の原因と、その運動神経を向上させる方法について少し解説していきたいと思います。

 

運動神経が悪いのはなぜなのでしょうか。その原因は、いくつか考えられます。
昔と今とでは時代は環境が大きく変化しました。心あたりのあることもよくあるのではないでしょうか。
外で遊ぶための施設が減っていったというのと、インターネットの普及で、ますます身体を動かす機会が減ってきています。その結果運動量自体が減っているのも原因として挙げられています。

スポンサーリンク

運動やスポーツにおいて大切なことは、走ったり、投げたり、蹴ったりなど筋肉がある程度ないと身体がうまくついていきません。
体幹と股関節の周りの筋肉がとくに重要になってきますので、まず技術的なことよりもここの筋肉がしっかり付いているかどうかというのが特に大切です。

 

次にあげられる原因として、運動の経験が少ないというのが原因としてあります。
やはり身体や脳に記憶させていない状態だと、体も動きようが無いですよね。
運動の経験をすることで、その動きが、脳に記憶されていきます。記憶された後は、無意識のうちに身体を動かすことができます。
ですので子供の頃から運動の経験を沢山積んでおくということはとても大切になってきます。

 

運動神経の良くない子は、この経験が少ないことから、脳に運動している記憶が少ないのです。よって運動音痴という風に見られてしまいます。

 

次に運動神経をどのように向上させていくかというと、まずは子供の頃に、できる運動から取り組んで行くと良いでしょう。
まずは公園に連れて行きましょう。公園ではジャングルジムや、ブランコ、滑り台などいろんな運動ができる遊具がそろっています。いろんな遊具で運動の経験を積ませて行くと良いでしょう。

 

スポーツクラブにも参加させるのも良いでしょう。運動神経が向上するだけでなく、人間関係や、社会にでて生きていくためのこともたくさん経験できるので、ぜひ参加させてみてもいいかもしれません。
運動神経がいいことに越したことはありあません。ぜひやれることはやってみましょう。

スポンサーリンク