運動神経 悪い 原因

子供の運動神経が悪い原因と良くする方法について

スポンサーリンク

スポーツの得意な人、不得意な人の差について考える時は子供の頃にありました。
得意な子はリレーの代表に選ばれて球技大会では中心選手としてクラスを引っ張るという役割で人気者、対して不得意な子はサポートする側にまわり、得意な子に比べてどうしても負い目を感じてしまいます。
得意な人になぜそんなにスポーツが得意なのかと聞いてみると、特になにもしていないけれども気が付いたら運動が得意になっていたというようにそれぞれの子の持って生まれた性質のものではないかと考えさせられます。
親の持っている資質が子供に引き継がれるという話をよく聞きます。
スポーツ選手の子供が同じようにアスリートとして活躍している例もあり、原因は遺伝ではないかという意見もあります。
スポンサーリンク

しかし肉体的構造などの遺伝は一因としてあるかも知れませんが運動神経の良い悪いは遺伝とは関係なく、子供の時期の過ごし方にも原因があるのではないでしょうか。
自分が運動神経が悪いので、子供にはそうなって欲しくはないと子供のために行う対策として挙げられるのがトレーニングを積ませる事や習い事をさせる事などがあります。
子供の時期、特に12歳までにそうした運動の習い事を行わせる事で神経系統が発達し運動神経の良い子に育てられると言われています。
ただし運動の強制が過ぎてもいけません。
却って運動が嫌いになる可能性が高く、運動神経の発達に支障が生じる危険性も出てくるからです。
無理にトレーニングをさせなくとも、外で遊ぶ機会をたくさん作ってあげて運動することの楽しさを体感させる事が大切です。
運動する楽しさを肌で感じる事で自然と運動神経が伸びていくものです。
子供と一緒にいる機会を設けて運動を楽しめる環境を与えてあげてください。それが親の腕の見せどころです。
スポンサーリンク