運動神経悪い 特徴

運動神経悪い子供の特徴は運動経験の少なさ

スポンサーリンク

運動神経悪い原因や特徴は運動する為の筋力の量が少ない事と運動の経験が少ない事によるものと考えます。
前は運動神経などは遺伝によるものと考える事が多かったと思いますが、ほとんどは遺伝には関係がないようです。
運動神経は生まれたときはどの子もほとんど同じです。
運動神経悪いと運動が苦手とういのは同じ意味で運動経験の少ない子供たちが運動神経悪いように思われるのだと思います。
運動は勉強と同じでいろいろな事を練習や経験で体に記憶されそれが自然に動きとして表れてきます。
運動神経悪いからではなく運動神経を育てるという考えが運動のできる子供を育てるのです。
走ったりジャンプしたり投げたりなどは体と脳に記憶することで発達します。
スポンサーリンク

運動神経を最も記憶する年代を「ゴールデンエイジ」と呼びます。
これは三才から八才くらいまでの事でこの期間に沢山の運動経験をつめば運動神経をたっぷり吸収するのです。
様々なスポーツや運動経験をこの期間にできれば九才ころには徐々に運動のできる子供に変わっていくと思います。
スポーツの得意な子と苦手な子の特徴は見てみると体の使い方が違うことがわかります。
ゴールデンエイジの時にいろいろな運動をしてみて運動神経を育てる事が大事だと思います。
体を動かすには体幹と股関節の筋肉が重要でここを意識して動作をする事が大事になります。
運動神経を鍛えるならば体全体を使ったスポーツやストレッチをして出来たら褒めてあげてモチベーションを高めるのが大事です。
運動神経悪いのは決して遺伝ではなく運動経験の少なさが影響するのだと思います。
スポンサーリンク