運動神経 伝達経路

運動神経の伝達経路が関係する場所

スポンサーリンク

運動神経といわれている神経は主に脊髄が重要な役割を持っています。
この中で意識をしながら動かす神経と無意識に大切な臓器を動かしている二種類の神経があるのです。
この伝達経路は主に首の後ろにある頸椎に集中しています。
脳から出された指令が首の後ろにある神経の束にどの部分を動かすようにと指令が飛んでくる場所が伝達経路と呼ばれる分野です。
手足など歩いたり物を使って何かを作ったり出来るのは意識して動かすことが出来る神経に伝達がスムーズに行えているからです。
この伝達機能を随意運動神経といわれているものです。
大切な内蔵は意識しては動かすことは出来ないのです。
心臓や肺の筋肉を動かしている神経は無意識に動かすことが出来る不随運動神経という神経です。
スポンサーリンク

運動神経のコントロールが上手く出来ると手を動かし箸で食べ物を取り口の中に入れて咀嚼することが出来ます。
これは神経の伝達経路が問題なく働いているからです。
そのあと食道に入った食べ物が胃に運ばれていきます。
胃に辿り着く前には食道にある気管と食道の二つの入り口を通り抜けていきます。
気管の入り口を閉じて食道の道を開けるのが無意識に行われている嚥下反射の一つです。
この機能は無意識に気管に行かないように伝達経路が行われているのでむせることなく胃に運ばれていくのです。
胃の中では消化をしやすいように胃液が分泌されています。
この胃液は無意識に出されている運動神経の働きが行っているのです。
消化して腸に運ばれていくには蠕動運動が無意識に働くようになっています。
人が生きていくために欠かせない神経の働きが体の中で行われているのです。
スポンサーリンク