運動神経 子供 よくする

子供の運動神経をよくするには

スポンサーリンク

子供の運動神経は、生まれながらの素質は確かにありますが、幾つかの方法でよりよくすることが出来ます。
まず、第一に親が子どもとかけっこ、鬼ごっこ等で遊ぶことであります。
こういう走ったりする基本的な動作の反復を遊びの延長で楽しくさせるとより良いのです。
第二にキャッチボール等の球投げ、球取りをすることです。
これをすることにより、球と自分との距離感覚が明確に分かるようになり、運動神経の向上だけでなく、親子のコミュニケーションとしても最適です。
第三に子供の足の裏をマッサージすることです。
足の裏には運動神経のツボがあると言われ、一緒にお風呂に入った時、リラックスしている時でも良いので刺激しつづけることでよくすることが出来ます。
スポンサーリンク

3点ほど前述しましたが、注意して欲しいのは親が焦らないことです。
子供の成長というのは個人差があり、生まれつき運動神経が良くてそのまま伸びていく子もいれば、小さい頃は良かったのだが、体が成長するにつれて鈍くなったという子もいれば、小さい頃は鈍かったけど大きくなって良くなったという子もいて千差万別なのです。
子供の成長に合わせて親が決して焦らずにじっくりと見守る姿勢が一番大事だと思います。
そして、もう一つ重要なことが子供のメンタルです。
親に強制されるばかりだと運動すること自体が嫌になってしまい、自分から心を閉ざしてしまいます。
逆に運動を通して楽しいことを教えておくと継続できるのでより良い結果に結びつくことが多いです。
このように、運動神経をよくするには、親が二人三脚でいろいろな意味で頑張ることがカギだと言えると思います。
スポンサーリンク