運動神経 遺伝 母親

運動神経と母親からの遺伝について

スポンサーリンク

運動神経がいい人はその人のご両親、特に母親が小さい頃何かしらのスポーツが得意だったという人が多いと思います。
つまり遺伝です。
勿論、遺伝が全てではありませんが鍛えれば良くなる人もいれば元々良い人もいます。
元々良い人は遺伝であることが多いでしょう。
幼少期に活発に動き回る子はのちに運動神経が良くなる期待が持てますでしょうし、また、母親も幼少期にそういった経験をしていると思います。
遺伝子的に産まれながらにして持っていなくても自分次第で良くなるもので、しっかりと運動をすれば遺伝がなくとも良くなることが見込まれます。
幼少期に運動が苦手だった人も習い事などをする事で身体が覚え、成長と共に良くなることでしょう。
スポンサーリンク

スポーツだけが運動神経と関係しているわけではなく、料理をしたり運転をしたりと日常生活にも運動神経は使います。
また、反射神経とも関わりを持ち身体が危険だと感じたときなどに活躍し身を守ります。
全てが母親から受け継いだものではなく、自身が成長する過程で学び、記憶することで段々と自分が成り立っていきます。
ですから幼少期に鈍かったものも今は平気で出来たりさらなる挑戦をしてまた成長していくのです。
運動神経とはつまり自分が成長するにあたってそれを実感したり、本能的に習得できるものでもあるということだと思います。
その実感は人それぞれで、スポーツで感じる人もいれば日常で気づく人もいるでしょう。
中には全く気づかない人もいるかもしれませんが人間である以上は必ず誰もが持っているものなのです。
スポンサーリンク