運動神経 遺伝 父親

運動神経は父親や母親から遺伝するのでしょうか

スポンサーリンク

運動神経は両親から遺伝すると思われていますが実はそうではない様です。
運動神経は遺伝しないそうです。
しかし運動能力は遺伝します。
運動神経とは「バランス感覚」「判断力」「反応の速さ」といった運動を補佐するものです。
これらは後天的に身に付けることが可能です。
運動能力とは「骨格の大きさや形状」「筋肉の割り合い」「身長や手足の長さ」「速筋と遅筋の割り合い」などです。
これらは父親や母親から遺伝します。
父親と母親、どちらのものを受け継ぐのかはわかりません。
父親と母親からランダムに伝わって形成されるのでどちらのものを受け継ぐのかはわからないのです。
運動神経はゴールデンエイジと呼ばれる年代の過ごし方で左右されます。
スポンサーリンク

体格は遺伝しますが運動神経はゴールデンエイジの過ごし方で後天的に左右される面が大きいそうです。
ゴールデンエイジとは、3歳〜14歳、または、9歳〜14歳の年代を指します。
この年代は神経系の発達が著しいのでこの頃に質の高いトレーニングをしたかどうかで大きく左右されます。
精密な動きを要求されるスポーツは幼児期から取り組まないと大成するのは難しいそうです。
幼児期は色々な運動、スポーツを体験させましょう。
小学校3〜4年生頃になれば本人の意思も相まって適性のあるスポーツの方向性がわかってくるでしょう。
この頃にサッカーでも野球でも質の高いトレーニングをすることが重要です。
この頃に身に付けた技術は一生忘れないものなのです。
スポンサーリンク