赤ちゃん 運動神経 マッサージ

運動神経の発達に効果的な赤ちゃんの足裏マッサージ

スポンサーリンク

赤ちゃんが生まれてからの一年間は劇的なスピードで成長していきます。
首すわりから始まり、寝返り、はいはい、おすわり等ができる様になるまでの期間には大きな個人差がありますが、その順番から赤ちゃんの体は頭から足にかけて神経が発達して行くのが分かります。
そしてこの時期に赤ちゃんの足の裏をマッサージする事で五感を刺激し運動神経の発達を促進する効果がある事が分かっています。
赤ちゃんは生まれてからの一年間で体の発達だけではなく脳も劇的なスピードで発達しています。
そして足の裏には体の様々な部位に繋がるツボが存在しており、この時期に足の裏のマッサージを行う事で脳を刺激して五感を鍛えるとともに内臓を鍛え運動能力を高める効果があるのです。
スポンサーリンク

多くのトップアスリートは、親が幼少時代に足の裏のマッサージを行っていたと言う話もある程で足のツボには体の様々な部位を鍛える効果があるのです。
赤ちゃんの足裏をマッサージする方法は、優しく弱い力でツボを押してあげるだけです。
足の裏は非常に小さい為に全体的に優しく揉むような感じで行ってあげると良いでしょう。
そして足の指を一つ一つつまんで優しく揉んであげるのも良い刺激になります。
そしてこのマッサージは脳を刺激して運動神経を高めるだけでは無くリラックス効果もあり親との良いコミニケーションにも繋がります。
そして歩ける様になれば裸足で遊ばせる様にする事でそれが足裏の刺激となり運動神経の発達に良いとされています。
スポンサーリンク