運動神経のいい遺伝子

運動神経のいい遺伝子は存在するか

スポンサーリンク

 運動神経のいい遺伝子とは、最近では遺伝子による情報が多くなっており、運動神経とは後天的に発達させることができるという説が濃厚になってきています。
 運動をあまりしない両親ですと、その子どもも運動を避ける傾向にあり、本来持っている潜在的な運動神経を妨げる要因となります。
子どもには幼少期から、脳を刺激し、体を動かし徐々に慣らす習慣を身に着けていくことが肝要です。
 たくさん運動をすることで、脳から脊髄、抹消神経、筋肉へと伝わり、運動する能力がぐんぐんと身についていく傾向にあります。
子どもがたくさんの運動をするためには、親が一緒になって、楽しく運動を子どもと一緒に行っていく姿勢が大切なこととなっていきます。
スポンサーリンク

 運動神経というのは、各スポーツやその行為によって体の動かす部位等が違ってくるので、あらゆる事象を子どもに経験させてあげることによって相乗効果的に運動神経を促進させていくことが可能となります。
 たとえば木登りでいえば、体を引き上げる手足の運動が必要となり、手足をどの順番でどこに引き上げるか脳との連動によってこなされるものとなります。
どこに手や足をかけることを感じ取れる状態になっている人というのは、木登りをするために身体の運び方すなわち身のこなしをするための準備が整った身体が形成されているということになります。
 このように運動神経のいい遺伝子というのは後発的に身につくものであり、経験によるものであるといえます。
スポンサーリンク