運動神経 鍛え方

運動神経の鍛え方について

スポンサーリンク

運動神経は子供時代の訓練が大切だとされています。
そのため、小さい頃に木登りをさせる事は、バランス感覚を鍛えるために重要な方法となります。
木登りは次に登る枝を探したり、バランス良く登ったりします。
そして全身の筋肉を使う効果があります。
このような経験によって、運動神経が鍛えられます。
また子供時代に一輪車に乗る事も、運動神経の鍛え方の1つの方法となります。
一輪車を上手に乗るためには、平衡感覚が必要となるからです。
また、外で鬼ごっこをする事も、運動能力の鍛え方の1つの方法となります。
鬼ごっこで逃げる時は、頭脳で瞬時に様々な隠れ場所を考えます。
これは大人になってスポーツをした時に、状況判断力を向上させる事に役立ちます。
また、鬼ごっこをして鬼になった時に、隠れている相手を探す事も、スポーツにおいて冷静な思考力を鍛える事に繋がります。
また、鬼から逃げる時に全速力で走る事も、運動神経を鍛える事に役立ちます。
スポンサーリンク

子供時代に運動神経を鍛える方法としては、複数の方法が挙げられます。
まず1つ目としては、サッカーのキーパーをする事によって身体能力を鍛える事が出来ます。
キーパーは、反射神経を使って相手のボールをキャッチします。
またスポーツにおいて、相手の動きを観察する動体視力も向上させる事ができます。
そのため、子供時代にキーパーをする事は、運動神経を向上させる鍛え方の1つの方法となります。
また野球を行う場合に、守備練習をする事も身体能力を向上させます。
野球のノック練習では、素早い動きを長時間行います。
また守備練習では足腰を鍛える事ができます。
このような地道な訓練が、大人になった時の瞬発力に繋がります。
さらに、野球の場合は投手のスピードボールを打ち返す練習を行うことによって、素早い動きに目が慣れる事が出来ます。
この練習によって、大人になって他のスポーツを行う際にも、相手の素早い動きに対応する事が可能となります。
スポンサーリンク