運動神経 よくなる スポーツ

運動神経がよくなるスポーツの種類や原因

スポンサーリンク

よく運動神経がいいという人がいます。
ではなぜいい人とあまりよくない人がいるのでしょうか、それは育ち方やスポーツをやっていたかということが大きく関わってきます。
スポーツと言っても何でもいいというわけではなく特によくなるスポーツというのがあります。
例えばサッカーです。
サッカーは前半後半合わせて90分という過酷なスポーツです。
そして走るのでとても大変です。
そもそも運動が出来る人の条件というのがまず走るのが早いということが入ってきます。
サッカーは走りっぱなしなので練習を積んでいくうちに運動神経も自然と向上していきます。
あとは球技にも強くなります。
運動は走るだけではないのでボールを使ったものにも慣れているといいです。
なぜなら一つのことだけではなく様々なことにも対応ができるようになるので運動における大事な点の一つの状況判断も向上するということです。
他にも状況判断がよくなるスポーツは様々でものによっては上がり方が違うのもあります。
スポンサーリンク

ではどういった運動が運動神経がよくなることにつながるのかを見ていきます。
例えば野球です。
野球は様々な動きをするスポーツです。
走ることはもちろんボールを打って、投げて、取るという動作があります。
つまりただ運動が出来るだけではやっていけないものです。
この4つの動作にさらに状況判断という難しいことも織り交ぜてやっていくので必然的に運動神経は上がっていきます。
他の運動でよくなるものといえばバスケが上がってきます。
バスケは細かい動作が多く常に周りを見ることが重要です。
もちろん細かい動作をするにも日頃の練習が入りますその練習で当たり前のように運動能力は向上します。
基本的に運動神経が高い人が行っているものは球技が多いです。
陸上は走ることがメインですが、砲丸投げや槍投げなど走ること以外のこともあります。
なので陸上もいいものだといえます。
今まで見てきたものでもわかるようにますやはり走ることとボールを扱うことが運動神経がよくなる条件になっています。
スポンサーリンク