運動音痴 できる スポーツ

運動音痴でもできるスポーツ

スポンサーリンク

運動能力が備わっていることによって、運動神経の良し悪しに直結する内容で、バランス感覚や俊敏な反応など、身体の機能を高めることにより能力アップが図れます。
運動神経が良い人は、どんなスポーツも器用にこなすことができるものの、運動音痴の人の場合には不器用な分だけ、基礎体力や代謝などが悪くなるなど、健康体に結びつく内容でもデメリットが多々挙げられます。
運動音痴でも身体を使うことができるのが、ラジオ体操やストレッチなどの柔軟性を養う内容の動きです。
また、野球やサッカーなどの球技や、短距離や長距離走となる陸上、柔道などの武道など、様々なスポーツを楽しむ人も多く、運動神経が良い人はどのようなスポーツも難なくこなせる特徴が挙げられています。
運動音痴の方の場合、ハードルが高いスポーツにチャレンジするのではなく、ハードルを下げ、慣らしながら徐々にできるスポーツを増やすことがコツの1つです。
例えば、ランニングやウォーキングなどからスタートすることで、脚力や持久力が付き、その結果、トライアスロンやマラソンなどが楽しめるようになります。
スポンサーリンク

さらに運動音痴の方の場合には、体力不足や運動を苦手とするため、ラジオ体操やヨガなどの健康維持に直結した動きからスタートすることにより、アクアビクスや水泳、エアロビクスやピラティスなどが楽しめるようになります。
球技に関しては、サッカーの場合には脚力が必要で、バレーボールやテニスの場合には腕力も必要となるため、まずは筋肉アップを図ることが求められます。
激しい動きになるスポーツは難易度も高い傾向にあるため、動きがスローでゆったりしていることもポイントです。
ウェイトリフティングや筋トレによって瞬間的に強い力を身に付けることが重要で、強い力を脚や腕にこめることで難易度の高い球技もこなすことが可能となります。
子供の場合には、運動機能が向上しやすい成長期でもあるため、全身運動によってアクティブに動き回ることにより、運動神経のバランスアップに結び付けられますし、高齢者の場合には運動機能が低下しやすいため、機能を高められるサプリを併用しながらスムーズな動き出しを目指すことがポイントとなります。
スポンサーリンク