運動音痴 原因

運動音痴になる本当の原因とは

スポンサーリンク

運動音痴な人は、何故、運動が苦手なのでしょうか。
多くの人は『元々の才能がないから』『親が運動音痴だと、子供も運動音痴になる』という、自分の努力ではどうにもできないもの…として考えているかもしれません。
しかし、実際には他の要因があるようです。
今回は、運動音痴とその原因を紹介したいと思います。
 1つには、筋力の絶対的な不足が挙げられます。
現代は、車や電車などが発達し、運動をせずとも生きていける時代となっています。
そのため、よほど意識をしない限り筋肉が衰えるし成長していきません。
特に、運動では腰回りの筋肉が大切だと言われています。
その筋肉が使われていないと、結果として急に運動をしたところでうまく体が動かず、散々な結果になってしまうのです。
 筋力を付けるにはそれなりの時間がかかりますが、トレーニングをすればするほど効果がでるものです。
つまり、運動が苦手だとしてもある程度の割合で、それを解消する事は可能なのです。
スポンサーリンク

 また他の原因としては、『運動をする経験が絶対的に少ない』という事も挙げられます。
当たり前の話ですが、どんなに運動神経が良い人間でも、あまり経験のないスポーツをすればギクシャクした動きになります。
運動が苦手な人であれば尚更です。
 単純な動きなものでもよいので、とにかく運動・スポーツを続けて行けば、必ず上達するようになります。
つまり、努力によって運動への苦手意識は解消できるのです。
 運動は遺伝だと思われがちですが、実はそうではないそうです。
それよりも、子供の頃の運動経験の有無が、その後の運動神経の有無に大きくかかわるようです。
特に5歳から8歳は運動神経にとってのゴールデンエイジと呼ばれています。
この時期に運動・スポーツを経験すると、他の年代よりも早く吸収する事ができるそうです。
 つまり、運動音痴は遺伝が原因だと思われている本当の理由は、『親が運動に苦手意識を持っている場合、子供にも運動をさせる事が少なく、それが原因で子供が運動に苦手意識をもってしまう』という事だそうです。
スポンサーリンク