運動神経 向上 トレーニング

運動神経はトレーニングをすれば向上します

スポンサーリンク

運動神経がいい人、悪い人と良く言いますが、運動神経とはどんな神経なのか説明します。
運動神経とは、脳から体中の筋肉へ動きの指令を送る為の神経のことです。
人は、いろいろな動きを普段から何気なく行っていますが、このような動作はすべて脳からの指令によって動かされているのです。
例えば、目の前に物が飛んできた時、人はその物を見てその情報を脳へ送ります。
そして脳が危険であることを察知して、各筋肉へ物をよける為の的確な指示を出してくれます。
すると体中の筋肉がその指示に従って物をよける為の動きをするのです。
このような神経は、遺伝だと思う人が多いですが神経の発達に重要なのは遺伝ではなくて、環境の方が影響します。
神経の発達は、5歳から12歳の間にどんな体の使い方をしたかによって後の運動神経の良し悪しが決まってしまいます。
子供の頃の生活の中でたくさんの経験や運動をすることができるかが重要なポイントになってきます。
スポンサーリンク

ですから、運動神経は決して遺伝ではないので、トレーニングをすることでその神経を向上させることができます。
なるべく子供の頃に、自由に外で遊ばせて体に様々な動きを自然に覚えさせることが大切です。
最近は外遊びをなかなかできない環境ですが、できる限り親が外遊びをさせる環境作りに力を入れることによって子供の能力は目覚ましく伸びていくのです。
5歳から12歳の間の経験や運動能力が、神経の向上につながるのでトレーニングができる運動をさせてあげることが大切です。
子供の頃の習い事は、できれば勉強重視のものではなく、運動や遊びが中心の事をさせる方が神経の向上には効果的です。
例えば、スイミングは全身を使って有酸素運動ができるので、体力もつくし風邪などの予防にも効果的です。
体操教室は、いろいろな種目をこなすことによって総合的に運動能力が養われて自分の体のコントロールする力がつきます。
最近は、ダンスやバレエなどが人気ですが、こちらもリズム感をつけることによって幅広い動きができるようになるので運動神経の向上には自然とトレーニング効果が期待できます。
子供のころの生活環境が大きく影響するので、積極的に体を動かすことを意識した生活を送って下さい。
スポンサーリンク