子供 運動神経 3歳

3歳の子供の運動神経について

スポンサーリンク

運動神経の良い悪いは、両親からの遺伝によって決まるとも言われますが、必ずしもそうではありません。
子供の時期の、特に3歳までの成長過程での経験もまた、その後の運動神経に大きく関わってきます。
その中でも代表的なものが、逆さ感覚と言われる体内感覚です。
鉄棒の逆上がりや、倒立のできる・できないに大きく関わるとされるこの感覚ですが、3歳までの幼児期に逆さまになる感覚に慣れておくことが重要です。
この感覚がないと、逆上がりをするにも逆さまになることの恐怖心から、頭が残ってしまい、うまく回ることができません。
もちろん腕の力や腹筋、背筋等筋力も少なからず関わってきますが、この逆さ感覚を身につけておくことで、有利に働く部分も大いにあるでしょう。
スポンサーリンク

では、どのように子供に逆さ感覚を身に付けさせるかという話ですが、親子の遊びの中で身に付けていくのが一番です。
抱っこをしながら頭を下に傾けてみたり、向かい合って両手をつかみ、その体制から親の身体をかけ上るようにさせて、後ろへくるっと一回りなんて遊びもあります。
あくまで遊びの中で楽しく、恐怖心を感じないように配慮しながら自然と身につけさせるのが一番です。
親との遊びの中で身につけられるのは逆さ感覚だけではありません。
肩車や高い高いをして高所に慣れさせることもできます。
子供がある程度大きくなれば、親がでんぐり返し等を見せて、真似をしてやらせてみせることも一つの手です。
運動神経を鍛えるには、見て真似る。
見てイメージした通り自分の身体を動かすという感覚を鍛えることが大切です。
加えて実際に練習をして出来るようになれば、努力をしてやれば出来るんだという成功体験も身につけさせることができます。
出来ることが楽しいとなれば、こちらのもの。
どんどん新しい課題を与えて、楽しみながら身体を動かすことを覚えさせましょう。
以上のように、親子での遊びの中で、楽しく運動神経をみにつけさせていきましょう。
3歳までの子供の吸収力は物凄いものがあります。
きっとあなたも子供の成長に驚くことでしょう。
スポンサーリンク