運動神経 4タイプ

運動神経の4タイプの分類と特徴

スポンサーリンク

運動神経には前側に重心があるのか後ろ側にあるのかでAタイプ、Bタイプに分かれます。
その中でも内側に重心にあるのか、外側に重心があるのかで1タイプ、2タイプに分かれます。
運動神経はこの 4タイプに分類されます。
分類の仕方はしゃがんで物を持って立ち上がる時にお尻が出るのがAタイプ、お尻が出ないのがBタイプ。
うちわで自分を仰ぐ際に手首から動かすのがAタイプ、肘から動かすのがBタイプです。
内側に重心あるのか外側にあるのかを判断するにはマイクを持つ時に親指と人指し指で安定するのが1タイプ、親指と薬指で安定するのが2タイプ。
座って立ち上がるとき、両太ももに手を置き内側に捻った方が立ち上がりやすい方が1タイプ、外側に捻った方が立ち上がりやすい方が2タイプです。
この方法で4タイプに分類できます。
スポンサーリンク

4タイプの特徴としてA1タイプはみぞおちに起点があり、力が出やすい肘の位置は首幅、ノートを斜めにした方が書きやすいタイプです。
速く走るにはみぞおちを前に出すイメージで走ると速く走れます。
A2タイプは起点がみぞおち、力が出やすい肘の位置は身体の幅、身体は正面を向くタイプです。
速く走るにはみぞおちの背中側を前に出すイメージで走ると速く走れます。
B1タイプは起点は肩、力が出やすい肘の位置は身体の後ろ、身体は正面を向くタイプです。
速く走るには骨盤を前に出すイメージで走ると速く走れます。
B2タイプは起点は肩、力が出やすい肘の位置は胸の下、ノートを斜めにした方が書きやすいタイプです。
速く走るには首の付け根を前に出すイメージで走ると速く走れます。
以上が4タイプの特徴です。
スポンサーリンク